結婚相談所 無料相談

無料相談できる結婚相談所について

無料相談できるアドバイザー

 

結婚は人生の節目です、慎重に相手を選ぶことが大切です。

 

結婚相談所といえば、大手の会社が会員登録し相談にのり、好みの相手を聞き、マッチングさせるというのが多いようです。

 

大手の会社としては、ノッツエ、サンマルク当の会社がありますが、いずれの会社も当初登録料金を払い、定期的に何人か紹介し、結婚に至った場合には、さらに手数料を支払うというのが一般的なスタイルです。

 

このような会社を利用される方は、特に女性の場合は、いわゆる「三高」の方を探しているのが多いようです。

 

三高とは、高学歴、高収入、高身長のことをいいます。

 

 

一方で無料相談にのってくれる団体もあります。

 

一例をあげますと、社団法人東京仲人協会です。

 

この協会は社団法人ですので、一般企業の経営する相談会社と違って営利を目的とせず、公益団体ですので、良心的に相談に応じてもらえます。

 

登録料時に、入会金1万2千円と年間費6千円を支払います。

 

会社の場合には、登録料10万円といった会社もありますので、そのような会社に比べるとリーズナブルです。

 

また、定期的に無料相談も実施されており、会社が運営する結婚相談所と比較してもリーズナブルです。

 

かっては、保険屋のおばさんが紹介したりといったケースも多々ありましたが、最近は生保レディースよりも、ウェブでの保険加入が増えているので、保険のおばさんが紹介といったことも昔はなしになりました。

 

ちょっと変わった例としては、品川区の青物横丁の四万十という居酒屋は、おかみさんが客同士を縁組させる店として知られています。

 

結婚相手を見つけることは、人生の中でも大事な局面です。

 

安ければいいというわけではありませんが、営利目的ではない公益性の団体を利用されるのも選択肢の一つです。

 

中には、市町村で無料相談をおこなっているところもありますので、自分の将来のこみとですので、よく見極めて判断することが肝要です。

 

 

全国対応の結婚相談所のメリット

婚活する女性

 

数ある結婚相談所の中で活動拠点を決定する要素として、対応地域は重要です。

 

例えば、現在都内在住だけど将来的には地元に戻りたい場合、現住所近辺在住の他に、同郷、地元在住のお相手が候補の条件となります。

 

また、転勤が多ければお相手の居住地はどこであっても会員の登録支店や担当者を超えて活動できるようなシステムが必要です。

 

しかし、ある程度大きく展開している結婚相談所でなければ、全国対応は無理です。

 

何故なら全国に会員を持つこと、スタッフを雇うことは対応するにあたって必須なので、とても個人の結婚相談所では無理です。

 

では、法人なら良いかと言うことですが、法人でも支店数が全国にどれだけあるかによっても対応できる範囲が違います。

 

関東だけ、本州だけという相談所もあるのです。

 

 

では、支店が多くて全国どこの地域にも支店があるところでなければ無理かというと、そうでも無いです。

 

相談所か連盟に加盟していれば他相談所かの会員とも連盟を通じて出会えることもあります。

 

その逆で、全国展開しているけど、連盟に加盟なく、他支店と協力体制の取らない相談所ではその支店の担当地域、会員のみで出会いを提供されることとなります。

 

もし、現住所が変わる事無いし、ある程度近場のお相手希望であっても地域的な視野を広げられればそれだけ多くの方と出会いが期待出来ます。

 

そうすれば、早く条件に合う方との出会いの可能性もアップします。

 

そう言った意味でも全国対応の結婚相談所かどうかを把握しておくといいでしょう。

 

 

結婚相談所における「良いカウンセラーとは?」

カウンセラー

 

結婚相談所を利用するメリットは、入会していれば自動的に相手を紹介してもらえるというものばかりではありません。

 

尤も、確かに利用していれば相手を紹介してもらえる環境は整いはしますが、その結果がどう出るのかは利用者本人によって決まります。

 

1人しか紹介してもらえなくとも結果が出る人も居れば、100人紹介してもらっても結果に繋がらない人も居ます。

 

これは結婚相談所が適切な候補者を紹介してくれないということが原因なのではなく、ひとえに本人が持っている問題が大きな要因となります。

 

 

そのような状況を改善するためだったり、より良い相手をゲットするためなどに活用される「カウンセラー」ですが、担当するカウンセラーによって結果が大きく左右される状況は少なくありません。

 

それほどカウンセラーが持つ責任は重く、また重要なキーパーソンでもあるということは、「如何に良いカウンセラーに出会えるのか」ということも大切になってくると言う訳です。

 

 

では「良いカウンセラーとは?」と言うと、それは「担当者の本質を見抜いて『正確なアドバイスをしてくれるカウンセラー』だ」と言えます。

 

仕事でカウンセリングをしている以上、下手な指摘をして会員が辞めてしまっては意味がありません。

 

しかし、辞められたら困るとアドバイスが中途半端なものになってしまっては何の意味もないので、「仮に辞められてしまうリスクが高くとも正確な分析を伝えてくれる人」ほど良いカウンセラーであると言えます。